裁縫への想い。


タイパンツの裏側。表の縫い目と見分けがつきません。
タイパンツの裏側。表の縫い目と見分けがつきません。

丁寧に作る。

手は抜きません。

丁寧さこそ、たかね裁縫処の生命線と考えます。

 

可能な限り丈夫に作ります。

リネンや麻は、とても屈強な生地です。

それとともに、長く着続けられるように縫製に気をつかいます。

 

タグはつけません。

肌に直接触る感触を大切にします。

 

生地選び。

天然素材で織られた、肌さわりの良い生地を、直接手に取り私が選びます。

 


折り伏せ縫い

2枚の生地を合わせて縫った後、縫い代を包み込み、更にもう1度縫い合わせ、丈夫さを増します。主に、タイパンツ、デニム製品全般、ワンピースなどに施されます。

袋縫い

表からは縫い目は見えず、裏に1本のステッチが見えます。実はその生地が袋状に重なった中に、もう1本ステッチが隠されています。主に、麻とリネンのサルエルパンツに施されます。

ロックミシン

生地の裁ち目のほつれを防止するためにロックミシンをかけます。たかね裁縫処では、ロックの縫い目が、直接肌にあたらないよう、全て隠します。