アウター


ローブ 本建正藍染

 

ローブ

薄手のリネン生地を、軽やかに羽織れるロング丈のローブに仕立て、藍の後染め加工を施しました。前の肩口、後ろ背中の高い位置からギャザーが寄り、すーっと流れる様に下に落ちて行くので、縦ラインが強調されスッキリと着られます。袖のアームホールは、ゆったりした服の上から羽織っても窮屈さを感じない様に工夫された形です。

 

様々な藍染の手法の中では、薬品等を使うことでより簡単に濃い藍の色で染めるものもあります。

本建正藍染は日本で古くから行われている方法で、発酵させた染液を作り、維持しながら自然の力を最大限活かし、薬品などは一切使わずに染めあげます。 環境にも優しく、役目を終えた染液は土に還す事ができます。

また、本建正藍染の生地は、洗濯にも強く、色移りの心配もほとんどない、更に抗菌効果があり、布を強くし紫外線から身を守る効果があります。

その効用を知るに連れ、私はいつしか自分で作った服を本建正藍染で染めてみたいと考えるようになりました。

何度も何度も繰り返される、大変手間のかかる染め作業。 技術を習得した職人だからこその仕事です。

染めを依頼したのは、クラフトイベント出店で出逢った藍染屋さん。 大変美しい藍染に、初めて見た時から心踊りました。 お一人での作業なので、たくさんは染められません。

そして、私も一人で服を作っています。 お互いの持てる力を合わせ、ゆっくりと時間をかけて、わずかな枚数を作り、本当に必要と思ってくださる方の手にお渡しする事ができれば。 その服を纏った方が心地良さを感じてくれたなら、とても嬉しいと感じます。

 

生地 リネン100% 

 

受注生産。

納期は、3ヶ月から半年。

ご注文手続き終了後、発送予定日を、こちらからご連絡いたします。

ご入金確認後、商品製作及び完成後の発送となります。

 

ご了承ください。

 

モデル身長156cm

¥58,520

  • 受注生産
  • お届け日数:在庫の有無によって変動。お届け日数は、こちらからご連絡します。